前の記事

空想ガストロノミー

アオザイ・ドリーム

2020.10.30

イラスト・文/田中 麻記子

すっかり秋の今日この頃。
青空でも、ブルーの中にほんのりピンクが
混ざったような柔らかい光が、
ヨーロッパの秋だなあ、としみじみさせるのです。

日々のお散歩ルートにある、
玉のような蕾の蓮の花がとても愛らしくって、
ついついその前のベンチでおやつとエスプレッソを買い込み、
制作の間の休憩をしています。

今月は……蓮(ハス)!
パリでも、アジアンマーケットや、
たまに有機野菜のお店で、入手出来ます。
私は、タテにカットして、お醤油とバルサミコ酢と、
たくさんのゴマでソテーしたきんぴらみたいなものを
よく作りますが、ドライな白ワインによく合うのです!

ですが、今回はやっぱり、今も尚続くコロナ禍で、
私の制作の癒やしとなった、蓮の花に注目。

ロータスティー(蓮茶)に見とれていたら、
アオザイを着た妖精さんが!
フランスと歴史的に深いつながりのある、
キュートでノスタルジックな妖精さんでした…。

*インスタでは音楽付きバージョンも公開しています♪
@hanatsubakimag

クリエイターの紹介

田中 麻記子

イラストレーター/画家

1975年 東京生まれ フランス在住
水彩、油彩、パステル、鉛筆を中心に国内外で発表。
食べ物デッサンの画集「La collection gastronomique」(HeHe / ヒヒ)、ピエール・エルメ・パリ・ジャポン「Macaron Baby」のデザインを手掛ける。
photo:Aya Watada
http://tanakamakiko.com/

GIFアニメ制作協力/植木 駿

もっとみる

こちらもおすすめ