次の記事 前の記事

空想ガストロノミー

Foo-Yung 姉妹

2021.01.29

イラスト・文/田中 麻記子

お正月モードもすっかりなくなり、
早くも新しい月を迎えようとしているけれど、
2月のもう一つのお正月、中国の「春節」で、
もう少しだけ新年感を味わいたい……。

パリには3つのチャイナタウンがありますが、
中でも一番大きな13区のそこでは、
春節に「Défilé Du Nouvel an Chinois 」という
大規模なお祭りが催されます。

その時期、チャイナタウンには朱色の中国式提灯がぶら下がり、
黄色と赤のお目出度いポスターがあちらこちらに。
お祭りの日には、獅子舞も登場し、パレードも。
トレードカラーの黄色と赤を思い描いていたら……
あれ?最近食べていない「かに玉」の幻影が脳裏に……。

何故だか無性に食べたくなって……
だけれど現在マルシェも縮小されて、
日本みたいに美味しい蟹を入手できるのか?
色々検索していたら「かに玉」の由来に行きつきました。
「芙蓉蟹(ふようはい)」(仏 : Œufs foo yung )が正式名称。
ご飯の上に乗った「天津飯」は日本発祥なのですね。

パリのチャイナタウンは家からも近く、
ちょくちょく夕飯を食べにも出かけていたカルチエ(地区)。
だけれど「芙蓉蟹」がパリのチャイナタウンにあるだろうか?!

これは、レストランが再開して、
またいつもみたいに、みんなで楽しくご飯を共に出来る
その日までのお楽しみにしておこう~♪

クリエイターの紹介

田中 麻記子

イラストレーター/画家

1975年 東京生まれ フランス在住
水彩、油彩、パステル、鉛筆を中心に国内外で発表。
食べ物デッサンの画集「La collection gastronomique」(HeHe / ヒヒ)、ピエール・エルメ・パリ・ジャポン「Macaron Baby」のデザインを手掛ける。
photo:Aya Watada
http://tanakamakiko.com/

GIFアニメ制作協力/植木 駿

もっとみる

この記事に関するタグ検索