次の記事 前の記事

えぴきゅりあん通信

♯3 Viva La Musique! !

2021.06.18

イラスト・文/田中 麻記子

真夏日和のパリ!
レストランやカフェの再開に続き、
美術館やイベントも徐々にオープン

昨年は見送られ、みんなが待ちわびていた6月のイベント、
「Féte de la musique (フェット・ ド ・ラ ・ミュージック)*」♪
今年はさまざまな対策をとりつつ敢行される模様!

この日だけは1日中、パリのいたる場所で
誰もが音楽を自由に演奏出来るのです
カフェやバー、美術館や教会、路上や川のほとりでも、
ミュージシャンでなくても自由に音を鳴らせる楽しいお祭り!

このお祭りのために他国からも人が集まり演奏し、
途絶えることなくパリの街に音楽が鳴り響きます

ロックダウンや外出禁止令でステイホームも長かったフランス人
ここぞとばかりに楽しむでしょう♬

だけど出来れば、地下のコンサート会場よりも、
セーヌ川の上のお空から(ソーシャルディスタンス!)
歌ってくれたらもっと素敵かも?!と妄想してしまいました

*インスタでは音楽付きバージョンを公開しています♪
@hanatsubakimag

 

*Féte de la musique(仏) : 音楽の祭典、音楽の祭日

1982年にフランスで生まれた『Fête de la musique』 は、「音楽はすべて の人のもの」という趣旨で催され、、ジャンル、プロ・アマチュアを問わない、音楽家による入場無料ライブコンサート。
1年で最も日の長い夏至(6月21日)に合わせて催され、 現在はフランスだけでなく世界中で開催されているイベント。

 

クリエイターの紹介

田中 麻記子

イラストレーター/画家

1975年 東京生まれ フランス在住
水彩、油彩、パステル、鉛筆を中心に国内外で発表。
食べ物デッサンの画集「La collection gastronomique」(HeHe / ヒヒ)、ピエール・エルメ・パリ・ジャポン「Macaron Baby」のデザインを手掛ける。
photo:Aya Watada
http://tanakamakiko.com/

もっとみる

この記事に関するタグ検索