前の記事

Enjoy Makeup!

Vol.17 無難にまとめないブラウンメイク

2020.03.17

フォトグラファー/金澤正人

スタイリスト/色部聖乎

ヘア&メイク/尾花純子、安東亜沙美(BEAUTY BOOST BAR SHISEIDO THE STORE) 

資生堂の多くの広告に携わる金澤正人が資生堂ビューティーコンサルタントのプライベートメイクをとらえるEnjoy Makeup!。第17回のモデルはななさん。今回は、無難にまとまらないブラウンメイクを紹介します。

万能カラーであるブラウンを使ったメイクは、使いやすいカラーだけに無難にまとまりがち。今回はグリーンのニュアンスを加えたブラウンメイクを紹介します。「ポイントでグリーンのラインやオレンジチークなどのカラーを使いながら、大人っぽくまとめました。」(SHISEIDO THE STORE ヘアメイクアップアーティスト 尾花純子)

目もとは、SHISEIDO エッセンシャリスト アイパレット05/Kotto Street Vintageの左から2番目のカラーをアイホールから下まぶたにつけ、右から2番目のカラーを上の目のキワにのばしながら入れます。上まぶたの目頭に、SHISEIDO オーラデュウプリズム 03/Cosmicを指でON。
ラインは、SHISEIDO カジャルインクアーティスト 01/Tea House を上に引き、下ラインはSHISEIDO カジャルインクアーティスト 06/Birode Green を引きます。

チークはSHISEIDO インナーグロウ チークパウダー 06/Alpen Glowを頬骨にそって楕円上にのせます。リップはSHISEIDO ヴィジョナリー ジェルリップスティック 212/WoodblockSHISEIDO カラージェル リップバーム 111/Bambooを重ねてON。

ナチュラルなメイクが多いというななさん。メイク後の自分を見て「囲み目メイクをあまりしたことがなかったのですが、下ラインのグリーンが深みがあって可愛いです。しっかりメイクは強さがあっておしゃれにみえますね」と話してくれました。

ハイネックブラウス¥25,000+tax ダブルジレ¥58,000+tax/ともにMIDDLA(http://middla.jp)シースルーブラウス ¥22000+tax/ Enlee(http://enlee.jp) イアリング¥43,000+tax/ROMANIN、チョーカー¥31,000+tax/Knobbly Studio(Filg Showroom @filg_showroom) スカート/スタイリスト私物

ななさんのプライベートメイクのヘビロテアイテムは、今回のメイクにも使用したSHISEIDO ヴィジョナリー ジェルリップスティック 212/Woodblock。「セミマットなブラウンはとてもおしゃれな色で、塗るだけで今っぽく仕上がります」

【PICK UP ITEM】

資生堂 公式オンラインショップはこちらから
資生堂 ワタシプラス
https://www.shiseido.co.jp/sw/onlineshop/

BEAUTY BOOST BAR & PHOTO STUDIO(SHISEIDO THE STORE)
http://thestore.shiseido.co.jp/beauty-and-photo/

クリエイターの紹介

金澤正人

フォトグラファー

1988年、株式会社 資生堂に入社。資生堂クリエイティブ本部フォトグラファー。女優やタレントといった人物から商品写真まで、資生堂の広告写真を多数手がけている。(社)日本広告写真家協会会員。
https://masatokanazawa.myportfolio.com/

もっとみる

こちらもおすすめ