前の記事

資生堂 美容譚

2022.06.10

第九話「男の化粧」

文藝春秋 2022年7月号 掲載より

いま、化粧はどんどんジェンダーレスに進化しています。
資生堂が初めて男心に火を点けたのが、1963年発売の「エムジー5」。当時はもっぱら香りを楽しむもので、その後整髪が、そして眉を整える習慣が一般化していきます。2004年「SHISEIDOメン」が世界に向けて発売されると本格的なスキンケアの時代へ。現在このブランドからはコンシーラーやアイブロウなどのアイテムも登場、ついに男性はセルフプロデュースとしてのメイクアップをたしなむ時代になりました。
ファッションはもちろん、女性の社会進出、昨今のテレワークやSNSの活用、さまざまな環境の変化が男性たちの背中を押したというわけです。
とはいえ、メイクまではハードルが高い、とおっしゃる大人男性が多いのも事実。資生堂の美容総合サイト内では、プロのヘアメイクアップアーティストが40代以降の男性社員を化粧で変身させる「DIAMENS」というコンテンツを開設、話題を呼んでいます。初めてメイクした自分に驚くと同時に「これからの時間を若々しく過ごすためにこんな手があったのか」「カッコよくいるのをあきらめないでいられる」。顔よりも人生そのものが変わったようだ、と彼らは言います。
化粧は、その人の生き方をもっと自分らしく、心地よいものに変えていく、ひとつのイノベーション。創業150周年の資生堂はそう信じて、この先に向かいます。

商品にまつわる情報はこちら▼

SHISEIDOメン
モイスチャライジング リップ クリエイター

〈リップクリーム〉
SPF18・PA++ 2種 2,750円(税込)

SHISEIDOメン
アイブロウ フィクサー デュオ

2色 2,750円(税込)

SHISEIDOメン
ターゲティッド ペンシル コンシーラー

3色 3,850円(税込)

SHISEIDOメン
ヴァイブラント BBモイスチャライザー

〈色つき日中用クリーム〉
SPF30・PA+++ 40g 4,400円(税込)

SHISEIDOメン
クリアスティック UVプロテクター

〈スティック状日やけ止め〉
SPF50+・PA++++ 20g 3,080円(税込)


※価格は参考小売価格です。店舗によって異なる場合があります。
SHISEIDOお客さま窓口
0120-587-289(09:00-17:00/土・日・祝日を除く)

DIAMENS
モデル/三浦アラン・三浦レオン
スタイリスト/田畑 アリサ
クリエイティブディレクター・コピーライター/松原 紀子(SHISEIDO CREATIVE)
アートディレクター/角田 奈緒(SHISEIDO CREATIVE)
フォトグラファー/伊東 祥太郎(SHISEIDO CREATIVE)
ヘアメイクアップ/新城 輝昌・丸谷 美樹(SHISEIDO)
情報提供/中村 潤(SHISEIDO)
取材協力/髙野 ルリ子(SHISEIDO・学術博士・顔学会理事)