次の記事 前の記事

現代銀座考

現代銀座考:XXIV 月光荘のスケッチブック

2021.04.20

写真/伊藤 昊

文、イラスト/森岡督行

森岡書店代表の森岡督行さんが、銀座の過去、現在、そして未来をつなげる新しい物語です。時の人々が集い、数々のドラマが生まれた銀座には、今もその香りが漂っています。1964年頃に銀座を撮り続けていた写真家・伊藤昊さんの写真とともに、銀座の街を旅してみましょう。

 

 

銀座は絵画と画材を愛する街

現代銀座考:XXIV 月光荘のスケッチブック

 現代銀座考に載せているイラストは、銀座8丁目にある、銀座 月光荘画材店(*1)のスケッチブックに描いています。月光荘は、1917年の創業以来、絵具や筆、パレットといった、絵を描く人々にとって必要とされる品々をオリジナルで製造販売してきました。

 月光荘のスケッチブックは紙の厚さの違いにより、ウス、アツ、特アツ、新特アツの4種類があり、さらに、松下幸之助が依頼したウスにドットを施したウス点などがあります。このうち、私が用いているのは何かといえば、はじめは、ウスを使っていましたが、徐々に、アツ、特アツと変わっていきました。いまでは特アツでないと、調子が狂う感覚が芽生え、月光荘が、紙の厚さにこだわる訳がわかりました。この紙質を含め、スケッチブックの基本的なデザインは、月光荘の創業者・橋本兵藏と懇意にしていた洋画家の猪熊弦一郎(*2)が一緒に考えたといいます。
 1940年には、コバルトブルーの製造技法を発見し、国産初の絵具を誕生させました。月光荘の絵具で描かれた作品としては、上野駅の構内にある壁画、まさに猪熊弦一郎が描いた「自由」がそれと知られています。

 ところで、橋本兵藏さんとは、どのような人だったのでしょうか。月光荘の店内には、橋本さんのことばが印刷されたユーモアカードが販売されています。試しに、1を買ってみると「煙にまく恋の戦術」ということば。2を買ってみると「キッスのとき おしゃべりは いけません 語りかけるのは おてゝです」ということば。先ごろ出版された『エノグ屋の言葉集』を読んでも、「広い世界も 好きなふたりにゃ ちいさな浮き世」や「悲しみ もまた うつくしく カタチ」、ということばがならび、愛に生きた人だったのではないかということが、ひしひしと伝わってきます。
 
 そして、おそらく、橋本さんが最も愛したのが、画を描く人、制作に生きる人だったのではないでしょうか。その想いが、月光荘の商品のひとつひとつのかたちとなって現れている。だから月光荘には人が集まる。『エノグ屋の言葉集』には「私の気持ちは ことばに ならないのです」とも書かれています。月光荘が銀座にある理由を、私は、このあたりに求めてみたいです。

 その想いは3代目の日比康造さんにも受け継がれています。日比さんはこの4月、画家の使いやすさを考えた月光荘アトリエコートを発表しました。コートが画家にとって機能的であることと同様に、コートから実りあるコミュニケーションが生まれればと願ってのこと。私も一着求めてみたいと思います。

 月光荘にとってのスケッチブックとは、絵具とは、コートとは。もしそれがことばにならない気持ちのかたちだとしたら、遠く手の届かない、夢のかけらのようでもあります。

*1 銀座 月光荘画材店/1917年(大正6年)創業。「色感と音感は人生の宝物」という価値観のもと、画材などの製造販売とともに、あらゆる人々の交流の場にもなっている。トレードマークは「友を呼ぶホルン」。
中央区銀座8-7-2 永寿ビル1F・B1


*2 猪熊弦一郎/1902年‐1993年。洋画家。香川県高松市生まれ。22年東京美術学校(現東京藝術大学)に進学。画家として活躍しながら38年フランスに遊学(40年まで)。アンリ・マティスに学ぶ。51年国鉄上野駅(現JR東日本上野駅)の大壁画《自由》を制作。55年~75年までニューヨークにアトリエを構える。その後、冬はハワイ、それ以外は東京で制作する。90歳で東京にて死去。
◎猪熊弦一郎について

クリエイターの紹介

伊藤 昊

写真家

いとう・こう 1943年大阪府生まれ。生後まもなく、両親と共に父親の実家のある宮城県涌谷町に疎開。6年生のときに、京都太秦の小学校に単身で転校。1955年に東京の明治学院中学校に入学。1961年に東京綜合写真専門学校に入学。1963年に卒業後、同校の教務部に就職。この頃に写真展を2度開催する。1968年に同校を退職し、フリーのカメラマンとなる。1978年に益子に移住し、塚本製陶所の研修生となる。1981年に築窯し陶芸家として独立。その後は晩年まで陶芸家として活動する。2015年に逝去。
5月5日に写真集『GINZA TOKYO 1964』が森岡書店より刊行された。
https://soken.moriokashoten.com/items/2dabee933141

森岡 督行

店主

森岡書店主。森岡書店代表。1974年山形県生まれ。著書に『荒野の古本屋』(晶文社)、『BOOKS ON JAPAN 1931-1972』(ビー・エヌ・エヌ新社)などがある。企画協力した展覧会に「そばにいる工芸」(資生堂ギャラリー)、「畏敬と工芸」(山形ビエンナーレ)などがある。近年は洋服などのプロデュースを手がけることも多い。株式会社森岡書店代表。『工芸青花』(新潮社)のウェブサイトにて「森岡書店日記」を連載中。

もっとみる

この記事に関するタグ検索