前の記事

Collection

今こそオプティミズム(楽観主義)をまといたい ―OVERCOAT

2021.04.30

文/呉 佳子(資生堂ファッションディレクター)

さわやかなスカイブルーや淡いイエロー、さっぱりとしたピンクに夢想的なグレー。NY発のファッションブランド、OVERCOATの21年春夏コレクションが鮮烈な印象を放っている。

OVERCOAT 2021年春夏コレクションより

業界の “伝説” とコラボ

心をすっきりと明るく照らすような楽観的なプリントのモチーフは、アートディレクターやグラフィックデザイナーとして90年代から活躍するピーター・マイルズの作品だ。ピーターと言えば、欧米のファッション業界では知らない人がいないくらいの実力者。ミニマルでモダン、洗練されていながらもヒューマニティーを感じさせるような、独特のセンスに定評がある。幅広く活動する彼の実績をいくつか挙げるとすると、マーク ジェイコブスやセリーヌ、プロエンザ スクーラーのロゴや広告など。セリーヌに関しては、熱狂的な人気を呼んだフィービー・ファイロ時代の世界観作りに、彼の飛びぬけた美意識はなくてはならないものだった、と今や伝説だ。

ピーター・マイルズ

一方、OVERCOATの大丸隆平も渡米から約15年。着実に知名度を上げている。大丸がもつパターンカッティングの確かな技術に、トム ブラウンやアレキサンダー ワンなど著名ブランドが絶大な信頼を寄せている。最近では、女性初の副大統領に就任したカマラ・ハリス氏が、選挙戦中に着用したスーツを大丸が手掛けたことも話題になった。

生活に華やぎをもたらす服

プリントがもつ楽観的なムードに焦点を当てた本コラボレーションの制作時期は実は、去年の春。ちょうどNYはロックダウン状態で、1日にだいたい5,000人ほどのコロナ新規感染を確認していたころだ。ウイルスという目に見えない敵の恐ろしさや、この後どうなっていくのか分からない状況が不安を呼び、街の雰囲気は重く沈んだ。鬱々とした人々の気持ちだけでなく、治安も悪化。夕方を過ぎたら、場所によっては昼間でも、女性の一人歩きは避けるべきという情報が飛び交ったという。

当然、NYのファッション業界も大混乱だ。コレクション発表は無事終えながらも、受注や生産に向けての重要な商談がロックダウンに阻まれた。キャンセルが相次ぎ、大丸が率いるパターンメーカー大丸製作所2も影響を受けた。そんな時にピーターから連絡があり、オリジナルの絵を使ってはどうかと提案してくれたのだという。ピーターがOVERCOATのためにセレクトした画像は4点。沈んだ心を明るく照らし、ふわりと持ち上げてくれるような、やさしくすっきりとした図案だった。「コロナ禍で先行きが不透明であっても、人々の生活に彩りを添えられるようなもの作りをしたい」という思いが大丸の中で膨らんだ。

ピーター・マイルズから提供された4枚の原画。

日本が誇る技術で原画のタッチを再現

原画は紙の上にスクイージーで描いたもの。ピーターが“アンチ・デジタル”と標榜したシリーズで、思いがけないにじみやかすれ、ムラなど、人の手による“味”が宿る。繊維の上でこれら表現をどう再現するかが問題だった。そこで、石川県に本社を置くファブリックメーカー、小松マテーレに依頼。大丸が長年モノ作りのパートナーとしてタッグを組む小松マテーレには、1670万色もの色出しができるプリント技術がある。
「この作品は均等に色が変化する一般的なグラデーションとは一線を画すもの。奥行きのある、にじんだ表現やかすれが非常に難しかった」と語るのは小松マテーレでOVERCOATを担当する関谷勇人だ。目指すべき「色目標」として原画を工場に見せると「これはこういう柄ですよね。このかすれはミスじゃないですよね?」と再三確認されたという。現場では試行錯誤を繰り返し、結果、大丸も納得の素材に仕上がった。「大丸さんが選ぶ素材というのは色味やツヤ感、素材自体の表情など、感性的な尺度が強いんです。モノの良し悪しを大丸さんは感性で判断する。それだけ、こちらからの提案が難しいわけですが、大丸さんに良いと言われると嬉しい。メーカーとしてやりがいがあるし、光栄です」と関谷は語る。

立ち止まらず続ける

日本で本コレクションを販売するポップアップキャラバンが京都、大阪、東京、福岡で開催されている(~5月2日まで)。来日した大丸に、パンデミック下のもの作りについてたずねると、「とにかく立ち止まらない」という言葉が返ってきた。「こういう時期だと作るものがどうしてもコンサバになってしまう。厳しい時代だからこそ、面白いものが必要。心が華やぐような服、手触りの良い服が着たいという思いに応えたい」。ピーターのグラフィックと同様、ふわっと優しい雰囲気の大丸の眼差しには、静かな意志が灯っていた。

クリエイターの紹介

呉 佳子

ファッションディレクター

資生堂ファッションディレクター
ファッショントレンドの分析研究やトレンド予測を担当。毎季、コレクション取材で世界を飛び回る……だけならカッコいいのですが、家では2児の世話に髪を振り乱す毎日。

もっとみる

この記事に関するタグ検索