次の記事 前の記事

Rocky’s report from Shanghai

2022.06.27

Vol.24 31篇の上海映画で紡がれた上海のロックダウン

文/令狐磊 Rocky Liang

翻訳/サウザー美帆

 約2,500万人の人口を抱える大都市において、医療関係者、警察官、生活支援者を除く大多数の住民が、丸々2カ月間自宅に閉じこもり、街は静けさに満ちていました。そんな状況は、おそらく歴史上なかったことでした。この期間中に上海で話題となったのが、上海電影(映画)集団の公式動画アカウントで公開された約3分間のショートフィルム『等你帰来(君の帰りを待っている)』。瞬く間にSNSで広がり500万回近くアクセスされ、43万回近くシェアされています。

 このフィルムは、登場人物たちがそれぞれ窓やドアを閉めるところから始まります。そして愛する人を抱きしめ、「家にコーヒー、お茶、牛乳、コーラの他に何がある?」と問い、華やかな街を懐かしみ、洗濯をし、料理をし、音楽を聴き、体を鍛え、デリバリーや援助物資の到着を待っています。いつか再び、大きな揚げパン、豆乳などが街頭で売られ、巻貝やザリガニのバーベキューを味わい、友人たちと語らう日々を待ちわびながら。

 この作品は過去のさまざまな上海映画の一部分をつなぎ合わせ編集されたものです。同じ家、同じ通りが時を超えて現れ、懐かしい上海の思い出が折り重ねられています。音楽はイタリアの作曲家、故エンニオ・モリコーネの「La califfa」。静けさに包まれた上海を連想させる調べが切なく響きます。

『等你帰来(君の帰りを待っている)』場面写真
『等你帰来(君の帰りを待っている)』場面写真
上海電影博物館

 監督は僕の友人でもある程亮(チェン・リャン)。上海で生まれ育ち、北京電影学院で学び、2000年から上海で自主映画を制作していて、彼の代表作『霞飛路』『宅男電台』『上海にまつわる3つの短編』はすべて上海でロケが行われています。コロナ以前はウォン・カーウァイ監督作品のアシスタントもしていて、都市の個性や雰囲気を作品にとりこむ手法など、ウォン・カーウァイとの仕事から学ぶことも多かったと語っています。

 上海電影集団からこのショートフィルムの制作を託されたチェン・リャンは、すぐに映画をリストアップし、最終的には31本の映画の中からロックダウンの最中に上海人が体験したことに近い場面を選び出しました。それらは上海電影博物館にデジタル保存されていた貴重なものです。「歴史の中の一瞬、何世代もの上海人が直面してきたことが、歴代の映画監督によって映像に凝縮され、私たちに発見されるのを待っていたのです」と、チェン・リャン。

程監督の作品『霞飛路』
程監督の作品『宅男電台』
程監督の作品『上海にまつわる三つの短編』

 彼によれば、この31本の映画の中で、日本の友人に特に薦めたい映画は、『馬路天使(街角の天使)』(日本未公開)、『蘇州河(邦題:ふたりの人魚)』、『愛情神話』(日本未公開。Vol.22参照)。これらの作品の共通点は、恋愛がテーマで、それぞれ1930年代、2000年代、2020年代の上海を見ることができること。「どんなに発展しようと上海のロマンと神秘は不変。かつて日本の作家が上海を「魔都」と称した理由もそこにあります」とチェン・リャンと語ります。

 彼が挙げたこの日本の作家とは村松梢風(1889-1961)のこと。1923年3月、村松は上海行きの船に乗り込みました。「上海に行った目的は違う世界を見ること。 私は変化に富んだ刺激的な人生を求めていました。それを実現するために上海は理想的な都市でした」と著書でも語っている村松は、合計4回上海を訪れ、郭沫若、田漢、郁達夫など中国の知識人とも交流を深めました。初訪問後には『中央公論』で「不思議な都市上海」というエッセイを発表。翌年『魔都』と改題し、同じタイトルの書籍を出版しています。この『魔都』は2018年に上海人民出版社から中国語版も出版されています。

 日本人が付けた「魔都」という呼称が約100年の時を経て、中国人が上海を語る際の呼称になったことも興味深い出来事。ロマンと冒険、チャレンジとチャンス。当時、村松が上海で感じたというこの4つの言葉は、不思議で神秘的なこの街の土台を形成しているようにも思えます。

村松梢風『魔都』中国語版
村松梢風『魔都』中国語版

 コロナの以前の映画業界は全体的に停滞感が漂っていましたが、コロナによってそれらは凍結されたとチェン・リャンは言います。実際、本当の回復にはまだ時間がかかると思いますが、彼は中国の膨大な数の観客市場にまだ希望を持っています。上海のロックダウンがようやく終わりつつある今、魔都の復興を願う彼はこう言って微笑みました。「ほら、街角のレストランがものすごい勢いでゴキブリを一掃して、矢継ぎ早に開店を始めている。すべてが、みんなが思っているより早く元に戻るよ」。

『等你帰来(君の帰りを待っている)』
制作:上海电影集団有限公司
監督:程亮


使用映画リスト
1.《愛情神话》2.《馬路天使》3.《烏鴉与麻雀》4.《長恨歌》5.《上海倫巴》6.《美麗上海》7.《1921》8.《大橋下面》9.《最後的貴族》10.《小街》11.《奥菲斯小姐》12.《女監5 号》13. 关于上海的三个短片》14.《夢非夢》15.《大城大楼》16.《神女》17.《万紫千紅総是春》18.《伯爵夫人》19.《春满人間》20.《楽魂》21.《春風得意梅龍鎮》22.《大李小李和老李》23.《三个女人一个夢》24.《大閙天宫》25.《画魂》26. 理髪師》27.《一江春水向東流》28.《攀登者》29.《渡江偵察記》30.《护士日記》31.《九色鹿》

令狐磊 Rocky Liang

クリエイティブディレクター/編集者

『生活月刊LIFE MAGAZINE』など数々のカルチャー誌の編集長を歴任。現在は上海『衡山・和集』『方所 上海浦東店』など文化発信地的な書店のクリエイティブディレクターも務める。同時に文化とビジネスの新しいスタイルの融合を目指す文化力研究所の所長として『花椿』中国版の制作を指揮するなど多方面で活躍中。

サウザー美帆

編集者/翻訳者

元『エスクァイア日本版』副編集長。上海在住を経て、現在は東京を拠点に日中両国のメディアの仕事に従事。著書に日本の伝統工芸を紹介する『誠実的手芸(誠実な手仕事)』『造物的温度(ものづくりの温度)』(中国語、上海浦睿文化発行)。京都青艸堂の共同設立者として中国向け書籍の出版制作にも携わる。