前の記事

Rocky’s report from Shanghai

2024.03.26

Vol.45 上海ファッションツインサークルめぐり

文/令狐磊 Rocky Liang

翻訳/サウザー美帆

 上海の旧フランス租界地のメインともいえる衡山路、復興路界隈には、スタイリッシュなショップが集まっています。特に長楽路、烏魯木斉中路、安福路、東平路、常熟路、延慶路などを含む2つの楕円形のサークル内に、ファッショニスタにおすすめのアドレスが点在していて、僕はそれを「上海ファッションツインサークル」と名付けました。このエリアにあるファッションブランドのショップやセレクトショップに暗黙の了解があるのかはわかりませんが、各店舗間は徒歩約2〜5分の距離があり、その配置はうまく調整され絶妙なバランスを取っているかのように見えます。今回は、この2つのサークル内のおすすめ店を紹介します。

Shanghai Fashion Twin Circle Map

 まずはシンプルなデザインが人気のファッションブランド「Yearly Plan」です。店舗は新進気鋭の建築事務所dongqi Designによってデザインされた淡い灰色のモダンなコンクリートと大きなガラス面で構成された外観が特徴的。3階建ての店内も、粗いコンクリート、軽量なアルミニウム、温かみのある木材が巧みに組み合わせられ、味のあるアンティーク家具とともに洗練された雰囲気を放っています。

「Yearly Plan」のショップ空間

 安福路と烏魯木斉中路の交差点に位置する「LOOKNOW」は、非常に人気のあるセレクトショップ。ストリート系やモード系など多様なデザインのアイテムが揃っています。外国人に人気のイタリアンレストラン「Alimentari」やカフェ「Plusone」も近くにあり、カジュアルでスタイリッシュな街並みを形成しています。

人気のセレクトショップ「LOOKNOW」

 雲南省発の「柴米多」は、野菜市場の2階にある雲南料理レストランで、僕はこれもセレクトショップのカテゴリーに含めました。ここでは中国西南部のオーガニック食材も扱っており、自然風味たっぷりのライフスタイルショップとしても知られています。

「柴米多」

 桃江路の「LMDS/LE MONDE de SHC」は、世界各国のファッション、雑貨、アート関連の書籍などがキュレーションされた、ファッショニスタたちのサロン的存在。最近はスコットランドの老舗ニットウェアブランドBARRIEと映画監督のソフィア・コッポラとのコラボレーションによるカプセルコレクションも取り扱っていました。

Barrie+Sofia Coppolaを展示していた「LMDS」

 ボディケア用品ブランドの「eios」は東平路の小さな礼拝堂だった建物を改築、礼拝堂の屋根の形状などを生かした新店舗をオープン。中庭にはブランド専用のSPAも設けています。桃江路東平路界隈は旧フランス租界時代の美しい洋館が多く現存し、当時の優雅な雰囲気が濃厚に残るエリア。ここ数年で大幅に再開発が進み、現在はまるで東京の南青山のような雰囲気を醸し出しています。

 東平路を北に進んだ先にある宝慶路には、上海のオーガニックラバーがこぞって訪れるサスティナブルなセレクトショップ「3R LABS」があります。この店のモットーは、原材料の使用を減らす(Reduce)、再利用(Reuse)、リサイクル(Recycle)の「3R」。中国の辺境地、またニュージーランド、スリランカなど各国から店舗の主義に合った生活ブランドを取り揃えています。

エコフレンドリーな人々に人気の「3R LABS」

 淮海中路と常熟路の交差点にある大きなビル「淮海大厦」では、中国の著名なデザイナーでアーティストでもある呉濱(ウー・ビン)による「WS Space無集」のショールームにぜひ立ち寄りたい。世界各国のセンスの良い逸品を扱う空間の他に、WS CAFE、HOME、WS GALLERYの4つのセクションが備えられています。

カフェやギャラリーも有する「WS Space無集」

 その近くの延慶路には、地元のファッションブランド「HIDEMI」のコンセプトストアがあります。静かな雰囲気の延慶路には、カフェや小さなセレクトショップが次々と開店しています。

センスのいい小さなショップが増えつつある延慶路

 弧形を描く延慶路の先には、長楽路と富民路の交差点があり「Trophy Market」や「Times Remake」などの古着店でLevi’sのヴィンテージジーンズを手に入れることもできます。そしてこのエリア巡りのクライマックスは「長作棟梁」と「蕾虎LABELHOOD」の2つのセレクトショップ。前者は、世界の最先端のファッションを取り揃え、後者は3階建ての店舗で、中国のファッションデザイナーの最新作品が幅広いセレクトで置かれています。

中国人デザイナーによる服をメインに扱う「蕾虎LABELHOOD」

 この2つのサークルには、今回おすすめした12店舗だけでなく、カフェやベーカリー、レストラン、ローカルな市場、小さな図書館、アートギャラリーなども数多く点在。歴史的建造物やプラタナス並木が連なる上海らしいストリートの雰囲気も存分に楽しめます。

上海ファッションツインサークル
おすすめの12店舗


1.Yearly Plan/長楽路888号
2.LookNow/安福路161号
3.柴米多Market/烏魯木斉中路318号烏中市集2階
4.eios/東平路6号
5.LMDS/桃江路1号
6.3R LABS/宝慶路21号
7. WS Space無集/淮海中路1298号1-2階
8.HIDEMI/延慶路132号
9.長作棟梁/長楽路764号
10. 蕾虎LABELHOOD/富民路189号
11.Times Remake/富民路271号
12.Trophy Market/長楽路774号

令狐磊 Rocky Liang

クリエイティブディレクター/編集者

上海の出版社Modern Media社が発行するカルチャー誌『生活LIFE MAGAZINE』『週末画報Modern Weekly』などのクリエイティブディレクターを務める。同時に文化とビジネスの新しいスタイルの融合を目指す文化力研究所の所長として『花椿』中国版の制作を指揮するなど多方面で活躍中。

サウザー美帆

編集者/翻訳者

元『エスクァイア日本版』副編集長。上海在住を経て、現在は東京を拠点に日中両国のメディアの仕事に従事。著書に日本の伝統工芸を紹介する『誠実的手芸(誠実な手仕事)』『造物的温度(ものづくりの温度)』(中国語、上海浦睿文化発行)。京都青艸堂の共同設立者として中国向け書籍の出版制作にも携わる。