前の記事

花椿アワー

Vol.44 銀座の音楽

2020.08.01

DJ/tofubeats

かつて『花椿』が実際に放送していた音楽企画、「花椿アワー」。約60年の時を経て、こちらの『花椿』ウェブで復活、装い新たに連載中です。パーソナリティを務めるのは、古今東西あらゆる音楽を聞き知るDJ、トーフビーツさん。毎回美容に関するキーワードをテーマに、ラジオ風ストリーミングをお送りしています。

今回のテーマは「銀座の音楽」です。東京・銀座といえば、日本の“モダン”を象徴する街、繁華街として知られる街で、たくさんの映画や音楽に描かれたように多くの方々がそれぞれの思い出、“銀座の物語”をもつ街ではないかと思います。資生堂にとっても、創業の地である銀座は特別な街。『花椿』の編集室も銀座にあります。華やかな夜の名残が残るゆっくりとした朝や、ランチを楽しむ人々でにぎわうお昼、ネオンが灯りはじめる夕暮れの風景など、銀座のさまざまな表情を日々眺めてきました。そして今回のミックスはまさにトーフビーツさんの“銀座の物語”で、全6曲をとおして、また合間のトークでもパーソナルな銀座物語をご紹介いただいています。プレイリストの中には国内外の音楽家が「銀座」に着想を得て作られたという楽曲も並んでいます。それぞれの“銀座の物語”をうかがうようで興味深く、それぞれはさまざまなのですが不思議と共通するものがあるようにも感じます。「銀座」を特集している『花椿』最新号をお手元に、この夏はイマジネーションの銀ぶらをお楽しみいただけたらと思います。

  1. J.Balvin - Ginza
  2. Stan Getz - Ginza Samba
  3. Art Blakey - On The Ginza
  4. ERA - Neon
  5. 古内東子 - 銀座
  6. pizzicato one - 地球最後の日

クリエイターの紹介

tofubeats

DJ

1990年生まれ神戸在住。
中学時代から音楽活動を開始し、高校3年生の時に国内最大のテクノイベントWIREに史上最年少で出演する。
その後、「水星feat.オノマトペ大臣」がiTunes Storeシングル総合チャートで1位を獲得。メジャーデビュー以降は、森高千里、の子(神聖かまってちゃん)、藤井隆ら人気アーティストと数々のコラボを行い注目を集め、4枚のアルバムをリリース。2018年は、テレビ東京系ドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」や映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ多方面で注目されている。2020年は3月27日にデジタルミニアルバム「TBEP」をリリース。
https://tofubeats.persona.co/
https://tofubeats.lnk.to/Keeponlovinyou

もっとみる

こちらもおすすめ