前の記事

花椿アワー

2022.08.01

Vol.64 ニュートラルな音楽

DJ/tofubeats

かつて『花椿』が実際に放送していた音楽企画、「花椿アワー」。約60年の時を経て、こちらの『花椿』ウェブで復刻連載中です。パーソナリティを務めるのは、古今東西あらゆる音楽を聞き知るDJ、トーフビーツさん。毎回美容に関するキーワードをテーマに、ラジオ風ストリーミングをお送りしています。

今回は「ニュートラルな音楽」をお送りします。ニュートラルとは、中立的、中庸を意味することばで、その感覚を身体的にイメージしやすい例としてピラティスがあります。ピラティスは呼吸をしながら背骨や骨盤、インナーマッスルを意識的に動かし、身体のバランスを整えるというエクササイズ。その中で、前や後ろに傾きすぎない、背骨と首が自然なアーチを描く基本姿勢を“ニュートラル・ポジション”と言うのですが、その「偏りがない」という意味でのニュートラルには汎用性があり、感情に左右されない心の状態をニュートラル・マインドと言ったり、男女の性差に寄らない在り方をジェンダー・ニュートラルと言ったりもします。その意味ではニュートラルな状態とは、自分が安定する在り方、自分軸で立つこととも言え、忙しない日常の中ではとくに大事な観点のひとつと言えるのではないかと思います。今回、tofubeatsさんにセレクトしていただいた「ニュートラルな音楽」は、その解釈も興味深い楽曲がそろいました。自分自身の“ニュートラル”を考えるきっかけになるかもしれません。

Hanatsubaki Hour on Spotify
*Podcastによるアーカイブ配信がはじまりました。こちらからどうぞ!
*Vol.01~61までのバックナンバーはプレイリストのみのご紹介です。こちらからどうぞ!(権利の都合上、一部楽曲は省略されています)

  1. ニュートラル - 長谷川白紙
  2. Neon - Zomby
  3. Lullaby - Iglew
  4. Love - Koreless
  5. Cafe Del Ma - Mumdance & Logos
  6. Synchronized Joy and Sorrow - v1984

tofubeats

DJ

1990年生まれ神戸在住。
中学時代から音楽活動を開始し、高校3年生の時に国内最大のテクノイベントWIREに史上最年少で出演する。
その後、「水星feat.オノマトペ大臣」がiTunes Storeシングル総合チャートで1位を獲得。メジャーデビュー以降は、森高千里、の子(神聖かまってちゃん)、藤井隆ら人気アーティストと数々のコラボを行い注目を集め、4枚のアルバムをリリース。2018年は、テレビ東京系ドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」や映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ多方面で注目されている。2020年は3月27日にデジタルミニアルバム「TBEP」をリリース。
https://tofubeats.persona.co/
https://tofubeats.lnk.to/Keeponlovinyou