次の記事 前の記事

花椿アワー

Vol.60 ファンデーションの音楽

2022.02.16

DJ/tofubeats

かつて『花椿』が実際に放送していた音楽企画、「花椿アワー」。約60年の時を経て、こちらの『花椿』ウェブで復活、装い新たに連載中です。パーソナリティを務めるのは、古今東西あらゆる音楽を聞き知るDJ、トーフビーツさん。毎回美容に関するキーワードをテーマに、ラジオ風ストリーミングをお送りしています。

2022年最初のテーマは「ファンデーション」の音楽です。メーキャップにおいてはまさに定番アイテムとも言えるファンデーションですが、感染症対策から導入されたマスク生活により、最近では使用を控える方も多いとか。ファンデーションへの考え方が変化している時期とも言えますが、じつはファンデーション自体も進化を遂げています。肌への負担が軽いものや、保湿成分に優れた商品が続々と登場しています。本来、下地とともに用いることで美しい肌に仕上げる効果のあるファンデーション、そのことばには“基盤”や"基本"という意味も込められています。今回、tofubeatsさんには「ファンデーション」のことばがもつ基礎的な意味に焦点をあてて選曲をいただきました。立春を迎え、新しい季節のはじまりとなる今月は、メーキャップのファンデーションやご自身にとっての基礎的な部分にあらためて目を向けてみたい気分です。

<ストリーミング配信は終了しました>

*MCの中でtofubeatsさんにご紹介いただいてる「ファンデ100問100答」はこちらからどうぞ。ファンデーションにまつわる豆知識が満載です。
https://www.shiseido.co.jp/foundation100/

*<お詫び>今回、一部権利確認のため公開が遅れてしまいました。視聴者の皆さま、関係者の皆さまに心よりお詫び申し上げます。

Hanatsubaki Hour on Spotify
『花椿』のSpotify公式アカウントはこちらからどうぞ! 過去の「花椿アワー」をプレイリストでご紹介しております*。
*権利の都合上、一部楽曲は省略されています。

  1. One feat. tofubeats - STUTS
  2. Call Me - The Foundations
  3. Amen Brother - The Winstons
  4. Back to the BASIC / Remix #1 - 杏里
  5. FOUNDATION feat. MOS DEF - dj honda

クリエイターの紹介

tofubeats

DJ

1990年生まれ神戸在住。
中学時代から音楽活動を開始し、高校3年生の時に国内最大のテクノイベントWIREに史上最年少で出演する。
その後、「水星feat.オノマトペ大臣」がiTunes Storeシングル総合チャートで1位を獲得。メジャーデビュー以降は、森高千里、の子(神聖かまってちゃん)、藤井隆ら人気アーティストと数々のコラボを行い注目を集め、4枚のアルバムをリリース。2018年は、テレビ東京系ドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」や映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ多方面で注目されている。2020年は3月27日にデジタルミニアルバム「TBEP」をリリース。
https://tofubeats.persona.co/
https://tofubeats.lnk.to/Keeponlovinyou

もっとみる

この記事に関するタグ検索