前の記事

花椿アワー

Vol.58 アートな音楽

2021.11.01

DJ/tofubeats

かつて『花椿』が実際に放送していた音楽企画、「花椿アワー」。約60年の時を経て、こちらの『花椿』ウェブで復活、装い新たに連載中です。パーソナリティを務めるのは、古今東西あらゆる音楽を聞き知るDJ、トーフビーツさん。毎回美容に関するキーワードをテーマに、ラジオ風ストリーミングをお送りしています。

今月は「アートな音楽」をお送りいたします。秋なので、というのがテーマ設定時のシンプルな理由ですが、11月という季節には秋が深まってきた体感とともに、「今年もあとわずか」、という妙な焦燥感が募る方も多いのではないでしょうか。念頭に掲げた目標が達成されていないことに対する焦りや、人生の刹那への諦めにも似たきもちなど、さまざまな感情があると思います。しかし忙しく過ごしてきたこれまでの日々の中にはきっと、目標とは違ったかもしれないけれど尽力してきたこと、得たこと、なにかしらあるはずです。そのようなことに気づくための時間が、秋という季節、そしてアートに触れる中にあるような気がします。日々流れる膨大な情報を前にして、どうしても“知る”ことを優先してしまう日常ですが、芸術に触れることで自分がいま何を感じているのか、考えているのか、ゆっくりと向き合いたいような季節です。tofubeatsさんに選曲いただいた“アートな音楽”、どうぞお楽しみください!

Hanatsubaki Hour on Spotify
『花椿』のSpotify公式アカウントはこちらからどうぞ! 過去の「花椿アワー」をプレイリストでご紹介しております*。
*権利の都合上、一部楽曲は省略されています。

  1. 遠くまで - パソコン音楽クラブ
  2. 美術館で会った人だろ - P-MODEL
  3. セザンヌ美術館 - 高岡早紀
  4. 美術館 - Hi-Fi Set
  5. RISK SOME SOUL 2021 - Towa Tei
  6. SOMEBODY TORE MY P - tofubeats
  7. Sage Comme Une Image - Lio

クリエイターの紹介

tofubeats

DJ

1990年生まれ神戸在住。
中学時代から音楽活動を開始し、高校3年生の時に国内最大のテクノイベントWIREに史上最年少で出演する。
その後、「水星feat.オノマトペ大臣」がiTunes Storeシングル総合チャートで1位を獲得。メジャーデビュー以降は、森高千里、の子(神聖かまってちゃん)、藤井隆ら人気アーティストと数々のコラボを行い注目を集め、4枚のアルバムをリリース。2018年は、テレビ東京系ドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」や映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ多方面で注目されている。2020年は3月27日にデジタルミニアルバム「TBEP」をリリース。
https://tofubeats.persona.co/
https://tofubeats.lnk.to/Keeponlovinyou

もっとみる

この記事に関するタグ検索