前の記事

花椿アワー

Vol.56 風の音楽

2021.09.01

DJ/tofubeats

かつて『花椿』が実際に放送していた音楽企画、「花椿アワー」。約60年の時を経て、こちらの『花椿』ウェブで復活、装い新たに連載中です。パーソナリティを務めるのは、古今東西あらゆる音楽を聞き知るDJ、トーフビーツさん。毎回美容に関するキーワードをテーマに、ラジオ風ストリーミングをお送りしています。

星占いが好きな方でなくとも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか、“風の時代”というキーワード。これは西洋占星術でいうところの2020年末(厳密には12月22日でした)に起こった木星と土星が重なるビッグイベント、グレート・コンジャンクションに端を発した時代の潮目を示しており、それは同時に、今年から本格的に始まるという“時代の特徴(ムードのようなもの)”を表しています。ひとつの時代の長さは約200年と言われており、1800~昨年までは“地の時代”で、占星術の「地」が象徴する物質や努力、常識、組織などをもとに社会が発展。そして今年から始まった新しい200年は、社会に“風”的な要素が徐々に強まっていくと言われており、占星術で「風」が意味すること、たとえば、情報やコミュニケーション、デジタル、個人、友人とのつながり、共有すること、助け合うこと、などが助長されると予想されています。まだ始まったばかりの「風の時代」ですが、時代の風に乗って軽やかに生きていけるような気分になりたい…、ということで今回は「風の音楽」をお送りいたします。選曲とDJはtofubeatsさんです。「風の時代」とは何か、そして一曲目がキリンジさんの「風を撃て」である理由とは、詳しくはミックスにてどうぞ!

Hanatsubaki Hour on Spotify
『花椿』のSpotify公式アカウントはこちらからどうぞ! 過去の「花椿アワー」をプレイリストでご紹介しております*。
*権利の都合上、一部楽曲は省略されています。

  1. 風を撃て - キリンジ
  2. Michi no Eki feat. Taigen Kawabe - 食品まつり
  3. Windowlicker - Aphex Twin
  4. Windy Noon - JADOES
  5. LOVE IS THE GREATEST THING - w-inds.
  6. 風の谷のナウシカ - 安田成美

クリエイターの紹介

tofubeats

DJ

1990年生まれ神戸在住。
中学時代から音楽活動を開始し、高校3年生の時に国内最大のテクノイベントWIREに史上最年少で出演する。
その後、「水星feat.オノマトペ大臣」がiTunes Storeシングル総合チャートで1位を獲得。メジャーデビュー以降は、森高千里、の子(神聖かまってちゃん)、藤井隆ら人気アーティストと数々のコラボを行い注目を集め、4枚のアルバムをリリース。2018年は、テレビ東京系ドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」や映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ多方面で注目されている。2020年は3月27日にデジタルミニアルバム「TBEP」をリリース。
https://tofubeats.persona.co/
https://tofubeats.lnk.to/Keeponlovinyou

もっとみる

この記事に関するタグ検索