HOPE FOR BEAUTY

2022.09.15

#1 ワルツ

「現代化粧百態繪端書」(1932)ワルツ

新ビューティ連載がスタートです!
資生堂が1932年頃に制作していた、化粧品ご購入者への景品である「現代化粧百態繪端書」には、のびやかに健やかに人生のさまざまなシーンを楽しむ女性の姿が、意匠部のクリエイターたちよって描かれています。90年の時を経ても色あせないこの作品をインスピレーションに、資生堂ビューティークリエイションセンターのヘアメイクアップアーティストが、美しさとかわいらしさ、ユーモアを携えた現代のメイクアップを創造しました。

第1回は「ワルツ」です。

メイクアップのポイント
カラーペンシルライナーを使ってワルツの優美でリズミカルなステップを顔全体に大胆に表現しています。藤色やパープルのリップを組み合わせると、甘美な表情を誘うメイクに。

写真/横浪 修 @osamuyokonami
スタイリング/山本マナ @mana.snow
モデル/美絽 @etrenne_official
ヘアメイクアップ/百合佐和子(SHISEIDO)@sawako_yuri_official

*フリンジキャミソール ¥91,300、中に着たチュールドレス ¥63,800 /共にChika Kisada(EDSTRÖM OFFICE)、シューズ ¥73,700 / 3.1 Phillip Lim(3.1 Phillip Lim Japan)、
ハット ¥90,750 / STEPHEN JONES(DOVER STREET MARKET GINZA)
*「HOPE FOR BEAUTY」は『花椿』2022年資生堂創業150周年記念号にも掲載されています。