前の記事

Column

2022.06.24

建築家の素材への関心・視点をビジュアライズしたジャーナル『MMA fragments』が刊行

東京を拠点に活動する建築家・工藤桃子率いる設計事務所「MMA Inc.」は、これまで帝国ホテル「GARGANTUA」などの商空間や住宅のほか、横浜トリエンナーレや森美術館、21_21 DESIGN SIGHTなどアートやデザインの領域でも数々の設計を手掛けてきました。建築というアプローチを通して人々の感情とフィジカルな体験に訴え、言葉では伝えきれない無意識の美しさと普遍的な心地よさを想起させる空間を作り出す。その背景には常に、建物の場所や地域が持つ文化、伝統的な工法、素材へのリサーチ、そして様々な新しい素材やプロダクトを生み出すための職人・工房とのコラボレーションがあります。『MMA fragments』は、そんな素材に対する独自のアプローチを、「本」というメディアを通してさまざまな角度から読み解くジャーナルとして生まれました。

本書の編集は、ウェブ花椿でも短期連載「地図のない道 / Art Traveler」をご寄稿くださった、編集者でキュレーターの深井佐和子さんが手がけています。

『MMA fragments』創刊号となる『01: RRR』では、量産社会に対する批評的な作品を手掛けMoMAやV&A美術館に作品を収蔵するなど世界的に活躍する日本人アーティスト・荒木宏介とMMAのコラボレーションについて特集しています。荒木が生み出した自然由来の素材「RRR」を用いてMMAが手がけたISSEY MIYAKE MENでのインスタレーションを紹介しつつ、MMA代表工藤桃子との対談やMoMAキュレーターによる寄稿文を通じ、自然素材と向き合いながら新しいデザインを生み出すこと、そこに込めるメッセージについて考えます。誌面後半では「イマジネーション」を切り口に新旧さまざまなアーティストの作品が掲載されています。ぜひ手に取ってみてください。

《詳細》
荒木宏介インタビュー | 自然に負荷をかけない素材を用いた工芸が商空間にもたらす揺らぎと美しさ
アンナ・ブルクハルト | ニューヨーク近代美術館 建築・デザイン部門 キュレトリアル・アシスタント
ジェイムス・ナスミス | 『The Moon』 - 想像力は月を超えて
写真:細倉真弓、牧口英樹、伊丹豪

『MMA fragments 01: RRR』
価格:¥1,800 (+税)
ページ数:54ページ サイズ:140 x 230mm 部数:500部

MMA fragments 01: RRR』はMMA Inc. ウェブサイトにて購入できます。
https://m-m-architecture.com/MMAP

そのほか一部書店にて発売中。
・本屋 B&B
・銀座蔦屋書店
・代官山蔦屋書店
・Bookshop TOTO
・ATELIER
・moonshine cultural boutique
・SIRI SIRI