前の記事

HOPE FOR BEAUTY

2022.12.21

#6 ブライド

「現代化粧百態繪端書」(1932頃)ブライド

資生堂が1932年頃に制作していた、化粧品ご購入者への景品である「現代化粧百態繪端書」には、のびやかに健やかに人生のさまざまなシーンを楽しむ女性の姿が、意匠部のクリエイターたちよって描かれています。90年の時を経ても色あせないこの作品をインスピレーションに、資生堂ビューティークリエイションセンターのヘアメイクアップアーティストが、美しさとかわいらしさ、ユーモアを携えた現代のメイクアップを創造しました。

第6回は「ブライド」です。

メイクアップのポイント
白のアイラインと赤のリップを曲線のデザインで仕上げることで、抜け感がうまれ、クラシカルでありながらモダンでキュートな印象に。目もとのマスカラはベースのみのすると、ラインの印象がより際立たちますよ。

写真/横浪 修 @osamuyokonami
スタイリング/山本マナ @mana.snow
モデル/美絽 @etrenne_official
ヘアメイクアップ/百合佐和子(SHISEIDO)@sawako_yuri_official

*ドレス¥286,000*レンタル価格、ベール 参考商品/YUKINORI MORINAGA(ONE PLUS ONE)
リング(イヤーカフとしても使用可)¥30,800、イヤーカフ¥28,600/共にe.m.(e.m. 青山店)
*「HOPE FOR BEAUTY」は『花椿』2022年資生堂創業150周年記念号にも掲載されています。