前の記事

最新号とバックナンバー

『花椿』2021年春夏号(No. 828)「BEAUTY BEYOND BOUNDARIES」

2021.03.31

『花椿』2021年春夏号No.828について

“私たちのまわりにはさまざまな境界が存在しています。そしてそのほとんどは目には見えず心のなかに存在するもの。でも何かを心から「美しい」と感じたとき、人はその感動をちからにしてその境界を超えることができるのではないでしょうか。「美」にはあらゆる境界を乗り越えていくパワーがある、そう私たちは信じています。(巻頭言より)”

 一年ぶりの刊行となる『花椿』2021年春夏号(No. 828)の特集テーマは「Beauty Beyond Boundaries」。“美は境界を超える”と題してお送りする今号は、さまざまな角度から、私たちの身の回りにある「境界」について掘り下げます。
 巻頭ビジュアル特集は新進作家の細倉真弓さんが撮り下ろすフォト・ストーリー、「The Masks of Persona―二人ハ静」。能楽の美学に関するエッセイをまとめた白洲正子の名著『両性具有の美』を着想源に性差や時間軸などの境目を超えて立ち現れる幽玄の美を表現、日本文化に息づく美への超越的なまなざしをとらえました。つづく第二特集では、さまざまな境界に挑む世界の方々のインタビューを、そして第三特集では私たち一人ひとりの生活の質向上のために化粧が貢献できることとして「化粧療法」をご紹介しております。
 ほか、連載企画INTERVIEWでは社会の境界に繊細な美意識で対峙するアーティスト、ミヤギフトシさん、エレガンスのヒントをうかがうESSENCE OF ELEGANCEでは建築界の第一線で活躍されている妹島和世さんのお話をうかがいました。別冊「花椿文庫」はウェブ公募企画「第3 回 あなたが選ぶ今月の詩」より、佐野豊さんの作品をお送りいたします。

CONTENTS

<FEATURES>
■The Masks of Persona -二人ハ静 撮影/ 細倉真弓
■あなたは何を超えるのか? Transcending Barriers
松村圭一郎、ステファニー・トーマス、ジェレミー・ベンケムン、小石祐介、ハンター・シェーファー
■「化粧のちから」で心と社会を美しく繋ぐ―化粧療法
<REGULARS>
■BEAUTY POP! VIVID! PLAYFUL! Empower Eyes with Colors
■詩「ひとつずつの惑星」 三角みづ紀
■TOKYO STORY Vol.15 GINZA DRAMATIC
■ESSENCE OF ELEGANCE 第十一回 妹島和世
■INTERVIEW ミヤギフトシ
■SHISEIDO MUSEUM #11 「資生堂ホネケーキ」(1964年)#11 「資生堂ホネケーキ」(1964 年)
<別冊>花椿文庫 第3 回 あなたが選ぶ今月の詩 「風」 佐野豊

媒体概要・配布について

発行日:2021年4月15日
発行:資生堂 社会価値創造本部
取り扱い:以下の三つの方法をご用意しております。
1) 街での配布:資生堂関連施設および全国の書店にて無料配布しています。配布場所はこちらから
※資生堂関連施設および配布場所は、臨時休業や営業時間を変更とさせていただいている場合がございます。詳しくは各施設のHPでご確認ください。
2) ご自宅への郵送:詳細はこちらから。
3) 『美術手帖』オンラインショップOILでの販売:詳細はこちらから。

もっとみる