前の記事

資生堂 美容譚

第五話「手」

2021.10.08

文藝春秋 2021年11月号 掲載より

お客さまの美しくなりたいという気持ちに応えるために、お一人おひとりの肌と心に触れる活動を行う、資生堂のビューティーコンサルタント(以下BC)。
 BCのルーツは、1934年にデビューした「ミス・シセイドウ」です。資生堂のイメージアップと商品販売のための人材を一般募集、250人から選ばれた9人は礼儀作法から美顔術、発声法まで徹底した研修を受け、ときには寸劇にも出演して最新の美容法を披露することもありました。
 それは女性が新しい職業分野を開拓し、専門職として確立された画期的なできごとでした。
 昔も今も、BCにとっての手とは、化粧品の効果と心地よさを届ける最前線であり、おもてなしを表現するパフォーマーです。
 手技で伝える感触や圧のかけ方、商品をもつ所作などは、すべて計算し尽くされ、お客さまの身になって追求されたもの。現在は感染予防のために非接触の応対が多く、オンラインカウンセリングも増えていますが、伝達方法は変わっても鍛錬されたBCの手はいつも、美へ導く情報の基本です。生活感を見せないよう爪先まできちんと磨き上げ、乾燥の季節もなめらかに保つ。そのためにハンドクリームを常に携帯し、自らのハンドマッサージを欠かしません。
 プロフェッショナルの誇りが、その手を美しくしています。

商品にまつわる情報はこちら▼

プリオール おしろい美肌 ハンドクリーム
資生堂 美容相談室 0120-88-0922
(09:00-17:00/土・日・祝日を除く)

資生堂 ハンドクリーム N
資生堂お客さま窓口 0120-81-4710
(09:00-17:00/土・日・祝日を除く)

SHISEIDO アルティミューン
パワライジング ハンドクリーム

SHISEIDOお客さま窓口 0120-587-289
(09:00-17:00/土・日・祝日を除く)

ベネフィーク ハンドクリーム
資生堂お客さま窓口 0120-81-4710
(09:00-17:00/土・日・祝日を除く)
モデル/島澤 碧
スタイリスト/遠藤 リカ
クリエイティブディレクター・コピーライター/松原 紀子(SHISEIDO)
アートディレクター/成田 久(SHISEIDO)
プロデューサー/一場 美枝子(SHISEIDO)
フォトグラファー/伊東 祥太郎(SHISEIDO)
ヘアメイクアップ/深野 結花 ・ 松井 怜(SHISEIDO)
取材協力/髙野 ルリ子(SHISEIDO・学術博士・顔学会理事)
もっとみる

この記事に関するタグ検索