前の記事

Information

「今月の詩」の発展企画!第3回「心にのこった詩はどの詩ですか?」を実施

2020.07.01

公募いただいた詩のなかから12篇を選び、毎月1篇ずつ紹介する「今月の詩」。毎月、詩をお楽しみいただいてますでしょうか?

一昨年に引き続き、「今月の詩」の発展企画として第2回「心にのこった詩はどの詩ですか?」のを実施いたしました。
2018年6月~2019年の5月に紹介した12篇の詩のなかから、読者の皆さまに心にのこった詩に1票を投じていただき、結果、最も多く票を獲得した橘いづみさんの詩「煮魚を齧る」を2020年1月発行の季刊誌『花椿』(春号)の「花椿文庫」におさめ、ミニ詩集として発行いたしました。

今年も、詩が読者のみなさまの身近な「ことば」になるよう、そして、公募いただいた皆さまの詩を「形」に残せるよう、第3回「心にのこった詩はどの詩ですか?」を実施いたします。

◆実施概要
「<今月の詩> 心にのこった詩はどの詩ですか?」
2019年6月~2020年5月にご紹介した12篇の詩から、心にのこったお気に入りの1篇を選んでいただき、ご投票ください!
一番、多くの票を獲得された方の詩を、2021年4月発行予定の季刊誌『花椿』(夏号)の別冊付録、「花椿文庫」においてミニ詩集として発行する予定です。

投票についてのご留意事項
① このページの「投票はこちらから!」をクリックしますと、投票ページに移ります。
② お気に入りの「一篇」にご投票ください。
③ 公平を期するために、お一人さま1票の投票をお願いいたします。
④ 投票期間は、~7月25日(木)

投票の結果は、8月中旬頃、ウェブ花椿にてお知らせいたします。
みなさまのご投票をお待ちしております!

投票はこちらから!

※高橋源一郎さん、文月悠光さんの選評は、月々の詩の表示の下部分にてご覧いただけます。
選評はこちら!

もっとみる

こちらもおすすめ