次の記事 前の記事

Column

鈴木親の写真展「体(たい)と用(ゆう)」が開催

2022.04.15

季刊誌『花椿』のアーティストCharaさんがママとなる対談連載「サロン・ド・バー 花椿」、ウェブ花椿の連載「Flower and Diary.」にて撮影をいただいていた鈴木親さんの写真展「体(たい)と用(ゆう)」が東京・代田橋のflotsam booksにて開催中です。

鈴木親さんは、90年代より独自の立ち位置でエディトリアルやファッションフォトの最前線で表現し続けている、日本を代表するフォトグラファーの一人。
本展では、海外雑誌「purple」や「DAZED & CONFUSED」等でのファッション写真やギャラリーなどでのコンセプトのある展示とはまた違う、エディトリアルとスナップの間、パーソナルな写真とファッションフォトの間に位置するような軽やかで遊び心のある作品が並びます。

「データが印画紙の代わりに写真と呼ばれるようになったのはいつからだろうか。
iPhone登場以前のカメラ機能の付いた携帯電話の登場で写真がデータとして頭の上を飛ぶようになったのが始まりだろうか。それ以前は必ず撮影したものは紙と一体になって写真と呼ばれてた。
プリントの見本として焼かれたサービスプリントを整理している時にそんなことを考えながら、fotsamの展示を決めた。 
世界堂やIKEAの安い額装だが、紙の写真として額が付くことで廉価版として扱われたサービスプリントが本来の写真らしくなった。
映画の登場からずっと終わったと言われてきた写真だが、立場を変えしぶとく生き残ってこれたのは紙という物質化したことで多少の永遠性を手に入れたからかもしれない。」 鈴木親 

展示会場であるflotsam booksは、ファッション、写真集、アート系のジャンルを中心に、国内外のビジュアルブックを専門に扱う書店でもあるので、鈴木親さんの作品とともに、新しい本にも出合えるはずです。ぜひ足を運んでみてください。
ご近所の喫茶店「来夢来人」もおススメです!

会期: 2022/4/15(金)- 4月24日(日) 14:00-20:00 水曜日定休
会場: flotsam books
住所: 東京都杉並区和泉1-10-7
〈新型コロナウイルス感染拡大及び拡散防止対策〉
*ご来場の際は、マスクの着用及びご来場時の手指の消毒にご協力をお願いいたします。
*会場内混雑の場合は、入店をお待ちいただく場合がございます。

クリエイターの紹介

鈴木 親

フォトグラファー

1972年生まれ。1998年渡仏。雑誌Purpleにて写真家としてのキャリアをスタート。国内外の雑誌から、ISSEY MIYAKE, TOGA, CEBIT, GUCCIのコマーシャルなどを手がける。
主なグループ展に1998年 COLETTE (パリ / フランス) 、2001年 MOCA (ロサンゼルス / アメリカ)、 2001年HENRYHENRY ART GALLERY (ワシントン / アメリカ) がある。
主な個展に2005年 TREESARESOSPECIAL (東京 / 日本) 、2009年 G/P GALLERY (東京 / 日本) 、 2018,2019,2020年 KOSAKU KANECHIKA (東京 / 日本)がある。
作品集は、2005年『shapes of blooming』(TREESARESOSPECIAL) 、2008年『Driving with Rinko Kikuchi』(THE INTERNATIONAL) 、2009年『CITE』(G/P GALLERY, TREESARESOSPECIAL) 、 2014年『SAKURA!』(LITTLE MORE) 、2020年『Shin Tokyo』(apb)など。

もっとみる